【新規の自動車保険】損しない為の一括見積りサイトを厳選比較

TOP > 新規の自動車保険について > 新規のお客側の欲求と自動車保険セールス側の不一致

新規のお客側の欲求と自動車保険セールス側の不一致

わたしが以前、実際に体験した話です。
わたしは、以前から自動車保険に加入していましたが、新規に加入したい他の保険会社を探していました。
当初から加入していた保険は、両親の半ば付き合いで加入したもので、もう一度料金やプラン内容を自分自身の目で見直したい、という意図からでした。
とある保険会社の、わりとベテランのセールスの方と話しを進めていくと、「もしものときのために」や「○○さんはこの保証に入って本当によかったと言っている」などの言葉を使い、わたしに保険内容をセールスして下さるのですが、正直、ピンと来ないものばかりでした。
その理由は、わたしの保険に対する欲求に対してのセールスではなく、あくまで会社としてのおすすめをお話しされていたからでした。
わたしは現状必要のないものは省いて、シンプルな内容にしたいという目的があったのですが、保険のセールスの方は会社側のおすすめに、色々な事例や周囲の声を盛り込み、話しを進めていく。
もちろん、「もしも」のために大きな保証が欲しい人には大変ありがたい話しではあります。
ですが、「売りたい商品を売る話術」がセールス術ではなく、「相手が何を求めているのか、を見抜くコミュニケーション能力」こそ、本当のセールス術なのではないか、と感じた出来事でした。



新規で自動車保険の契約を結ぶ方法

新規で自動車保険に加入をするにあたり、過去の事故や違反歴などを厳しく審査されることがあるため、事前に興味のある保険会社の対応の良しあしをしっかりと調べることが大事です。
最近では、ゴールド免許の人や一定の期間に事故を起こしていない人を優遇している保険会社が増えていますが、毎月の保険料の支払額にこだわりたい場合には、ネット上でシミュレーションを行うことがおすすめです。
特に、自動車保険の等級の決まり方については、新規の契約者にとって理解しにくいことがあるため、時にはオペレーターに相談をしながら、具体的な支払い額について把握することが大事です。
人気の高い自動車保険の補償内容や事故の発生時の示談の進め方については、多くの加入希望者にとって重要なポイントとなりますが、担当者のサポートの良しあしにこだわることが何よりも大切です。



新規で自動車保険に加入するときは

初めて車を買った時など、新規に自動車保険に加入する時はどのように会社や内容を選べば良いのでしょうか。
車を買う時に販売店で紹介してくれる場合もありますし、家族が入っている保険会社に加入する場合もあるでしょう。
それらももちろん間違いではありませんし、専門家の意見を直接聞けるという大きなメリットがあります。
別の選択肢としては、ネットなどの無店舗型の保険への加入もあるでしょう。
このタイプの保健会社のメリットは何よりも保険料が安いということです。
保険の内容はネット上で自分で選択をする必要がありますが、現在ではわかりやすいホームページが多く、また電話で相談ができる会社も多くあります。
これらを使えれば、安い値段で自分にあった内容の保険を選択することが可能です。
どのような会社を選ぶとしても、自動車保険はもしもの時に被害者の方や、自分自身を守るためのものですから十分に検討をして加入するようにしましょう。

 

ページトップへ