【新規の自動車保険】損しない為の一括見積りサイトを厳選比較

TOP > 新規の自動車保険について > 新規に自動車保険に入る時に考えること

新規に自動車保険に入る時に考えること

初めてのマイカー購入、その時に忘れてならないのが自動車保険への加入です。
自賠責保険と言う強制保険は、かけられることになっていますが、補償する金額や対象が少なく、事故を起こした時不足することが多いため、改めて自動車保険に入ることが、一般的になっています。
ですがこの保険は、非常に面倒なものと言われ、どの補償を選ぶことが必要なのかの確認が面倒にもなっています。
そのため、不必要なまでの補償を選んでしまい、高額な保険料にもなってしまう恐れがあります。
また新規に加入することで、費用が高く設定されることも一般的となっているため、無駄な補償は外して契約をするべきです。
補償内容を慎重に考えることも大事ですが、流行のダイレクト型自動車保険に入ることで、費用をかなり抑えることが出来ると知っておきましょう。
そして納車までには、契約を完了しておきましょう。



新規加入する自動車保険は徹底的に比較しよう

自動車を運転する場合は任意の自動車保険に加入するのが大切ですが、初めて自動車を買う場合は、ディーラーで新規契約することも少なくありません。
しかし、便利な反面、ディーラー指定の保険会社しか選べないうえ、割高になる傾向もあります。
そこで、少しでも安い自動車保険をご希望なら、ほかの保険会社もチェックすることが賢明です。
例えば、通販型も要チェックの保険です。
これは店頭契約の代理店型と違って、リーズナブルな保険料が強みです。
申し込みもWebで完了できますから、好きな時間にいつでも加入できる点も魅力です。
ただし、通販型にも数々の保険会社がありますから、比較サイトや一括見積もりサイトなど使って、徹底的に比較しましょう。
また、比較する際は補償や料金と合わせて、ロードサービスの有無やその内容も比べることがポイントです。



新規で自動車保険に加入する際は運転者の条件設定を

愛車の購入に合わせて新規で自動車保険に契約する際は、全て販売店に任せて加入する場合もありますが、それでは本当に適切な補償内容となっていないかも知れません。
ですから保険に入る時は、補償内容を自分のライフスタイルに合わせることが肝心です。
特に運転者年齢制限特約などは重要で、21才以上や30才以上など、幾つかの区分があり、それ以下の年齢が運転した場合は補償が受けられない特約です。
補償対象を狭めることで保険料が下がりますので、運転者の年齢がそれを上回っているなら、是非付帯しておきたい特約です。
販売店に丸投げで契約した場合は、全年齢対象など、最も保険料が高い内容で加入することもあるため、店頭で契約する際は、その点を確認しておきましょう。
また、家族全員や配偶者のみ、あるいは自分だけなど、運転者の範囲を限定することでも自動車保険は安くできます。

 

ページトップへ