【新規の自動車保険】損しない為の一括見積りサイトを厳選比較

TOP > 新規の自動車保険について > 新規で自動車保険に入る時は対物賠償も無制限に

新規で自動車保険に入る時は対物賠償も無制限に

初めての運転で、自動車保険に新規加入する時は、対物賠償の保険金額も無制限にしておきたいところです。
対人賠償は多くの保険会社で始めから無制限になっていますが、対物賠償の保険金額は任意設定の場合が一般的です。
数千万円の保険金額を設定しておけば、余程の高級車に損害を与えない限り問題ないように感じますが、建築物やトレーラーなどの積み荷に被害を及ぼしますと、本当に大丈夫とは断言できなくなります。
例え被害総額の殆どを保険金でカバーできたとしましても、数百万円の不足が出た場合には、その金額を自分で賠償しなければなりません。
百万円でも大きな金額ですから、対物賠償も対人賠償と同様、無制限にしておいた方が安心です。
万が一に備えるのが保険の意義ですので、もしもの際に負担金が発生しないよう、保険金額を設定することが肝心です。



新規で二輪の自動車保険に入る時は自分側にも補償を

四輪車にはない優れた機動性がバイクの魅力ですが、生身の体をむき出しで走っているため、もしもの時には大きな被害を受けやすくなります。
そのため新規で二輪の自動車保険に入る場合は、対人や対物賠償だけでなく、人身傷害保険や搭乗者傷害保険など、自分自身を補償する保険を付けておくのが理想的です。
この補償は保険会社により特約扱いになっていることもありますが、同じ補償です。
また、どちらもライダーと同乗者を補償してくれますので、その意味では片方だけでも良いのですが、補償内容がまるで異なりますから、できれば両方付帯させておきたいところです。
優れているのは人身傷害保険のため、予算的に二つは付けられないという場合は、人身傷害保険を付けておきましょう。
ですが、それでも予算的に厳しい場合は、搭乗者傷害保険だけでも付帯しておいた方が安心です。



新規の自動車保険に車両保険を付けるなら

熟練ドライバーになれば次第に減ってきますが、免許を取ったばかりでは、車庫入れや単独での接触破損を行う場合も少なからずあります。
ですから新規で自動車保険の契約を結ぶなら、それらのトラブルにも対応できる車両保険の加入も検討しておくと良いでしょう。
車両保険には一般型とエコノミー型もありますが、車庫入れや単独の接触破損に対応できるのは一般型です。
このため、付けるなら一般型の車両保険を付帯することが大切です。
しかし、一般型の車両保険は費用が高いため、もしも予算的な都合がおありなら、通販型の自動車保険に注目しましょう。
通販型なら保険料が総じて低いですから、車両保険を付けても低価格で済む場合が多くなっています。
通販型でも保険料に差がありますので、先ずは一括見積もりなどを活用して、各社の保険料をチェックしてみてください。

 

ページトップへ