【新規の自動車保険】損しない為の一括見積りサイトを厳選比較

TOP > 新規の自動車保険について > 新規でも付けておきたい自動車保険の弁護士費用特約

新規でも付けておきたい自動車保険の弁護士費用特約

ノンフリート等級制度など、自動車保険は他の保険とは違ったルールや用語が多いため、新規で自動車保険に契約する時は、何かと分からないこともあります。
特約まで気が回らないこともあるかも知れませんが、特約は本契約が補償できない物事をカバーしてくれますので、適切に付帯しておくことで安心のカーライフにつながります。
弁護士費用特約も、万一の時には非常に頼れる特約です。
追突などを起こした場合、基本的に保険会社が示談交渉を引き受けてくれますが、本人に責任割合が皆無の状況では、保険会社は示談交渉ができない仕組みになっています。
ですからその際は、本人が被害者として、加害者側と交渉しなくてはなりません。
ところが先方は保険会社などのプロが乗り出してきますから、示談交渉も不利になり、満足できる賠償が受けられない場合があります。
しかし、弁護士費用特約を付けておけば、こちらも弁護士を雇えますので、示談交渉を有利に進められます。



新規契約で混同しがちな自動車保険の補償種別

自動車保険では似通った補償が混在していますので、初めて新規契約を行う場合は、ややこしく感じるのも普通のことです。
とは言え、それは多彩な補償が充実している裏返しでもありますから、主契約と特約を的確にセットすれば、とても品質の高い安心を手に入れられます。
例えば、人身傷害と搭乗者傷害もその1つで、どちらも運転者と同乗者の両方を補償してくれる保険です。
人身傷害は保険料こそ高いですが、怪我の治療や後遺症はもちろん、仕事ができなくなったことで生じた収入の減少分など、実際に被った損失額を、契約する補償金額を最高額として受け取れます。
一方、搭乗者傷害は、そこまでの手厚さはありませんが、保険料の安さが魅力です。
また、怪我の内容などに応じて一律の保険金が支払われるため、比較的早く保険金を受け取れることもメリットです。



新規の自動車保険加入とプランに関して

車を購入した際には、必ず自動車保険に加入する必要があります。
いわゆる強制保険ですが、それに加えて任意の保険に入る方が大部分ではないでしょうか。
大きな事故を起こしてしまうと、賠償金や修理代金で経済的な負担が莫大になってしまいます。
新規に自動車保険に入るのであれば、パンフレットで研究をしてみることが大切ではないでしょうか。
加入者の年齢や事故歴によって掛け金は変わってきますし、年間の走行距離に合わせた保険も登場しています。
不景気な時代になっているからこそ、賢く保険を切り詰めることが重要ではないでしょうか。
事故で誰かを傷付けてしまうと、被害者はもちろん加害者の人生も大きく狂いが生じてしまいます。
有事に備えておくことが大切ですし、担当者の話を聞くことも重要ではないでしょうか。
自動車保険は、私たちドライバーを守ってくれる存在です。

 

ページトップへ